美容と健康を整える《コラーゲン》の役割

「食材で摂る」コラーゲン

2016年12月01日 11時31分

一日に必要なコラーゲン量は5,000mgとされ、美容ケアのためにコラーゲンを摂取する場合は5,000mg~10,000mgが必要だといわれます。
何気なく過ごしている日々の中でこれだけの量を摂取するのはなかなか難しく、意図的にコラーゲンを摂取する方法を身に付ける必要があります。
 
●食材に含まれるコラーゲン
食材からコラーゲンを摂るためには、「動物性コラーゲン」や「海洋性コラーゲン」が多く含まれる食材を食事に取り入れることです。
《動物性コラーゲン》が多く含まれる食材は、豚足や手羽先、牛すじ、鶏肉などがあります。
比較的安価で手に入りやすく、日常の食生活に手軽に取り入れることができます。
《海洋性コラーゲン》は、魚介類(サケやブリ、うなぎ、貝、海老等)の皮やうろこから抽出されます。
コラーゲンが最も多い高級食材に”フカヒレ”がありますが、100g中に9,920mgのコラーゲン量が含まれています。