美容と健康を整える《コラーゲン》の役割

コラーゲンを《効率的に摂取》するためのポイント

2016年12月01日 11時32分

食材で摂るコラーゲンは、コラーゲン含有量が高くなるほど食費も高額になるため、毎日続けて摂取するのは経済的にみても非常に困難です。
その他のコラーゲン摂取方法としては、主に「粉末コラーゲンから摂る」、「サプリメントから摂る」、「ドリンク飲料から摂る」等が一般的です。
コラーゲンは摂取しにくいことと、継続することで効果が現れるとされるため、長く続けられる摂取方法を選択することが必要です。
以下では、コラーゲンを効率的に摂取するためのポイントです。
 
【ポイント① 食材以外から効率的にコラーゲンを摂取する】
身近な食材から動物性コラーゲンや海洋性コラーゲンを摂ることができますが、食材に含まれるコラーゲン量は微量であるほか、
コラーゲン量が多い食材ほど高価であること、忙しくて料理ができないこと等が大きな壁です。
そこで、コラーゲンを効率的にかつ継続して摂取するために、「サプリメントやドリンク飲料、粉末コラーゲン」を活用することで
効率よく摂取することができます。
 
【ポイント② ”糖質や脂質をカット”したコラーゲンを選ぶ】
サプリメントやドリンク飲料、粉末コラーゲンなどから摂る場合も共通していえるのが、”糖質や脂質をカットした”コラーゲンを選ぶということです。
さまざまなコラーゲン製品が発売されていますが、ダイエット中の方でもカロリーを気にせずに摂取できるものが安心です。
 
【ポイント③ コラーゲンは”ビタミンC”とセットで効果大】
上質なコラーゲンを生成させるために必要不可欠とされるのが「ビタミンC」です。
ビタミンCはコラーゲンの働きを促すための重要な役割を果たしており、不足していると安定したコラーゲンを作り出すことができなくなります。
ビタミンCが多く含まれる食材やサプリメントを摂取することで、コラーゲンの働きを活性化させていきましょう。
 
【ポイント④ ”良質なたんぱく質”をコラーゲンと一緒にとる】
コラーゲンを外から体内に摂り入れるときには、「良質なたんぱく質」を一緒にとることが大切です。
コラーゲンはたんぱく質から構成されているため、原料となるたんぱく質自体が体内で不足していると、コラーゲンの分解や合成ができなくなってしまいます。良質なたんぱく質とは、”アミノ酸スコアの数値が100”のたんぱく質です。
アミノ酸スコア100の食材は卵や牛乳、ヨーグルト、肉、イワシ、アジ等があります。
これらの食材を毎日の食生活に入れて、バランスの取れた食事をするように心掛けましょう。
 
【ポイント⑤ 吸収率の高い”ペプチド化”されたコラーゲンを選ぶ】
効率的にコラーゲンを摂取するためには、体内に吸収されやすいコラーゲンを摂取することがポイントです。
そこでオススメなのが「ペプチド化」されたコラーゲンを選ぶということです。
ペプチド化したコラーゲンは低分子コラーゲンとも呼ばれ、通常の分子量をさらに小さな分子量に分解させているコラーゲンのことです。
分子量が小さいため体内に吸収されやすく、効果的にコラーゲンを摂取することができます。
ペプチド化したコラーゲンは水に溶けやすいため、料理や飲み物に溶かして簡単に摂ることができます。
 
【ポイント⑥ コラーゲンを摂るなら夜がベスト】
コラーゲンを摂る目的により摂取するタイミングが異なります。
「美容を目的」にコラーゲンを摂るときに最も適したタイミングは、寝る前の1時間~2時間前です。
”夜10時から深夜2時頃”は肌のゴールデンタイムとされているためです。
コラーゲンの効果を最大限に発揮させるためには、ビタミンCを一緒に摂取することのほか、
ゴールデンタイムにはしっかり睡眠をとることで効果を高めることができます。
ただ、必ずしも夜だけコラーゲンを摂る必要はなく、先ずは継続して無理なく摂り続けることが大切です。